正しい屋根塗装の方法をご紹介!

屋根塗装をdiyするのにかかる費用

屋根塗装をdiyするのにかかる費用 一般住宅において屋根塗装を実施する際に専門会社に依頼をするのではなく、diyの作業で経費を安くすることを希望する方も少なくはありません。
大型ホームセンターが充実している現在では、屋根塗装に必要な道具類を全て簡単に取り揃えることができるので、初心者の方でも一定の作業工程を知っておくことで意外と簡単に塗ることができます。
完成するまでの費用においては、使う塗料により違いはあり、屋根用として販売されている塗料を選択すると、普通の戸建て住宅の場合は3万円程度の塗料代で済ませることはできます。
屋根塗装で必要な資材は他にもあり、脚立や命綱、スクレパーやワイヤーブラシなどの小道具が必要とされ、塗装作業ではローラーと刷毛、塗料を入れるトレイなどを含めたとしても、約10万円以下での施工は決して不可能ではありません。
通常は油性塗料を用いて、最低でも2回塗りが推奨できるので、1度目の塗装を終えても乾燥を待って塗る作業が必要です。
この間にローラーは塗料で固着してしまうことが前提にあるので、2本や3本など予め複数の道具を用意することも必要です。

屋根塗装の際のdiyでも足場はとても大切

屋根塗装の際のdiyでも足場はとても大切 日曜大工を得意としているお父さんたちであっても屋根塗装は大変な労苦を強いられます。
家族からの要望があったり、自分にも多少の経験があるのできれいに屋根に自分の力で塗り替えてやろう、と思わず力が入ってしまいます。
自力で屋根をペンキで塗るという作業はもはやdiyのレベルではありません。最も大きな要因は足場を作るという工程です。
もちろん、業者のように鉄パイプでしっかりとした専門的に足場を組むことが出来ませんので、家庭にある背の高い脚立を使用することになります。
しかし家庭にある脚立なので最大限に伸ばしたとしても、屋根にまで届くかどうかわかりません。
わざわざほとんど使用する可能性が少ない背の高い脚立を、diyのために新しく購入するのももったいないことです。
屋根塗装をするに際しては家庭のものを使うにしても土台である庭面をきちんと調節して、脚立を伸ばし自分自身の落下による負傷を予防してから作業しましょう。